« ●子どもは見えないことがわからない | トップページ | ●本を読んであげる時、じっと本を見てますか? »

●転びやすくないですか?

多くの弱視は、見た目ではわかりません。
三歳児視力検診を受けても、異常を発見されず、就学時検診や、小学校入学後の検診で発見される場合もあります。
近視のように、テレビに近づくので気がつく、ということもないでしょう。

うちの子の場合も、三歳児視力検診で発見されなければ、絶対に気付かなかったでしょう。視力が悪いと言われてみて、初めて思い当たることはいくつかありました。

一番目立ったのが、何もない所で転びやすかったことです。三歳になるのに、いつまでも足元がおぼつかないなあ、運動神経がにぶいのかも、と思ってました。
メガネをかけて、弱視訓練を始め、視力が出てくるにしたがって、転ばずに走り回るようになりました。小学校では、運動神経がにぶいどころか、体育が一番の得意になっていました。

男の子のわりには、赤ちゃんの頃からずっと大人しくて、育てやすい子だとのんきに楽してたのが間違いでした。
ずっとぼやけた世界にいて、目に入ってくる情報が少なかったために、好奇心を刺激されず、大人しくしていただけでした。

大人しくて、あまり活発でない子の場合、本当にその子の性質なのか、視力が悪いのか、しっかり検査してから、判断してください。

|

« ●子どもは見えないことがわからない | トップページ | ●本を読んであげる時、じっと本を見てますか? »

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

弱視発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●転びやすくないですか?:

« ●子どもは見えないことがわからない | トップページ | ●本を読んであげる時、じっと本を見てますか? »