●弱視用メガネの保険適用

平成18年4月1日から、『9歳未満の子どもが使用する「弱視、斜視、先天性白内障術後」等の治療に必要だと医師が判断し処方した眼鏡やコンタクトレンズ』に、保険が適用されるようになりましたね。
これは、全国の弱視、斜視、先天性白内障のお子さんを持つ保護者が、時間をかけて運動された成果だと思います。

インターネットが一般に浸透し始めた頃から、お子さんの弱視や斜視の治療・訓練の成果をサイトで公開し、同様の悩みを持つ方々との交流をはかり、全国ネットを駆使して活動をすすめていらっしゃいました。
その成果はご自分のお子さん方には適用されないにもかかわらず、これから同じような悩みを持つであろう保護者の負担を少しでも減らすために、頑張ってこられたのだと思います。
この長年のボランティア活動には、本当に頭が下がります。

先日、長男が眼鏡を作り直すので、矢沢眼科へ視力検査に行きました。
そのとき、矢沢先生に、
「今年から、弱視の眼鏡が保険で作れるようになったんだよ。君たちの頃は、眼鏡代も大変だったけど、これからは、楽になるよ。これも、君たちが頑張ったおかげなんだよ。」
と言われたそうです。
保険適用の活動には、何のお手伝いもできなかったのですが、弱視訓練をちゃんとやり通し、眼鏡の効果を証明できたということは、多少の影響を及ぼしているのでしょうか。

かつて長男は、二~三ヶ月おきに通って検査をしていたのに、今では、眼鏡を作り直す一~二年おきにしか行ってません。
しかも、作った眼鏡も常用はせず、勉強の時にしかかけません。(ほとんど必要ないのでは・・・)
ほかの家族全員が、コンタクトや眼鏡なしでは何もできないというのに、眼鏡なしで平気でテレビを見たりしています。
極度の近視や乱視がある娘達は、加工なしでは作れない分厚いレンズの眼鏡なので、
「一人だけ良くなって、ズルイ!」
と言ってます。
早期発見ができて、的確な治療を受けられたから、今の結果があるのであって、この幸運がなければ、ズルイどころの状況ではなかったでしょう。

弱視への認識は、まだまだ一般的に浸透しているとは言えません。
弱視を知らないために、発見が遅れる子どもが、まだたくさんいます。
これから弱視訓練をされるお子さんをお持ちの保護者は、早期発見され、訓練できることをラッキーだと思ってください。
そして、できるだけ多くの周囲の人々に、弱視についての知識を広めてほしいと思います。
それは、自分の子どもの訓練に協力してもらえる環境を作ります。
これから生まれてくる弱視の子ども達に、発見しやすい環境も作ります。
それが、保険で眼鏡を作れるようにしてくださった方々への、恩返しにもつながると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●視力の良い保護者へ

視力の良い保護者は、視力の悪い保護者より子どもの視力に関する不安が少ないと思います。
自分の目に自信があるので、子どもも大丈夫だろう、と思いがちです。
子どもは、親とはまったく別の人格ですし、別の体です。遺伝で似た部分があったとしても、別の人間なのです。自分がこうだったから、という判断は大きな間違いを引き起こします。

弱視の原因はいろいろありますが、発見されにくいのが、遠視や乱視による弱視です。見た目にはわかりませんし、子ども自身も見えないことがわからないからです。
早期発見するには、視力検診をするしかありません。
まず、三歳児視力検診をきちんと受けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●本を読んであげる時、じっと本を見てますか?

子ども達に本を読んであげていた時、娘達はすぐそばで、本の絵をじっと見ながら聞いていました。自分の読んでほしい本でなくても、本を見て聞いています。
ところが、弱視の息子は、読んであげても、フラフラと歩き回り、少しもじっとしていません。本には興味がないようです。どうせ聞いてないなら、と読むのをやめようとすると、「なんでやめるの!」と怒ります。本のほうは見向きもしなかったのに、ちゃんと聞いていたのです。
あとから思い返してみて、絵本を見ても、はっきり見えなくて面白くなかったのかも、と気付きました。見てても面白くないから、じっと本を見てはいなかったけれど、読んであげる内容はちゃんと聞いて、楽しんでいたのです。
子どもは、絵本を読んであげると、内容とは関係なくても、絵を見ながら「これなあに?」とか「これは○○だよね」とかいろいろ言います。そんなところまで見ているのか、とびっくりすることもあります。
そういうことが少なかった息子は、あまり本に興味がないのでは、と思っていましたが、そんなことはありませんでした。娘達ほどではありませんが、今ではいろいろな本を読みます。
子ども達は、本読みのおかげで本好きになったと思うのですが、親の私より読むスピードが速くなってしまいました。コミックでも小説でも、親子で回し読みをするものは、一番読むのが遅い私が一番後回しにされるのが、悔しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●転びやすくないですか?

多くの弱視は、見た目ではわかりません。
三歳児視力検診を受けても、異常を発見されず、就学時検診や、小学校入学後の検診で発見される場合もあります。
近視のように、テレビに近づくので気がつく、ということもないでしょう。

うちの子の場合も、三歳児視力検診で発見されなければ、絶対に気付かなかったでしょう。視力が悪いと言われてみて、初めて思い当たることはいくつかありました。

一番目立ったのが、何もない所で転びやすかったことです。三歳になるのに、いつまでも足元がおぼつかないなあ、運動神経がにぶいのかも、と思ってました。
メガネをかけて、弱視訓練を始め、視力が出てくるにしたがって、転ばずに走り回るようになりました。小学校では、運動神経がにぶいどころか、体育が一番の得意になっていました。

男の子のわりには、赤ちゃんの頃からずっと大人しくて、育てやすい子だとのんきに楽してたのが間違いでした。
ずっとぼやけた世界にいて、目に入ってくる情報が少なかったために、好奇心を刺激されず、大人しくしていただけでした。

大人しくて、あまり活発でない子の場合、本当にその子の性質なのか、視力が悪いのか、しっかり検査してから、判断してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)