●視力の良い保護者へ

視力の良い保護者は、視力の悪い保護者より子どもの視力に関する不安が少ないと思います。
自分の目に自信があるので、子どもも大丈夫だろう、と思いがちです。
子どもは、親とはまったく別の人格ですし、別の体です。遺伝で似た部分があったとしても、別の人間なのです。自分がこうだったから、という判断は大きな間違いを引き起こします。

弱視の原因はいろいろありますが、発見されにくいのが、遠視や乱視による弱視です。見た目にはわかりませんし、子ども自身も見えないことがわからないからです。
早期発見するには、視力検診をするしかありません。
まず、三歳児視力検診をきちんと受けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●子どもは見えないことがわからない

最近知人の娘が、小二になってから視力が出ない、ということがわかりました。普段、特別に見えない様子もなく、学校の授業も普通に受けていたので、全然気づかなかったそうです。
三歳児視力検診には、連れて行っていませんでした。三歳児視力検診は重要だから、必ず連れて行くように、と言っていたのですが、仕事が忙しいのと、親自身が視力が良かったため、子どもの視力に不安を感じなかったため、サボったようです。
子どもは、視力が弱くてぼやけたものしか見えなくても、見えないと言いません。
生まれた時から、はっきりしたものを見たことがないのですから、ぼやけた世界が普通の世界なのです。
近視の場合は、近づけばピントが合うので、近づいて見ようとしますが、遠視は、近づくほどピントがずれますし、乱視の場合は、遠くても近くても同じ状態なので、テレビに近づくという行動もないでしょう。

屈折異常による弱視の場合、三~四歳頃までに発見し、六歳頃までに治療・訓練をすれば治ります。
視力の発達期にだけ治療効果がある病気なのです。
ですから、三歳児視力検診は絶対に受ける必要があります。もしどうしても受けられない場合は、眼科へ連れて行って視力を測ってください。普通の眼科では、小さな子どもを検診できないかもしれません。乳幼児でも視力の検査をできる眼科へ連れて行ってください。
子どもの視力は、親の視力とは関係ありません。
自分が視力が良いからといって、子どもも大丈夫だろうとは、決して思わないでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)